Work Flow

仕事内容

一般的なプロジェクトの流れに沿いながら、
各職種の役割をご紹介します。

Webサイトを中心に様々なプロジェクト

コーディングファクトリーには、Webサイトを中心とした様々なプロジェクトの相談が届きます。
フロントエンドを基軸に、多くのプロジェクトに関わることができるのが、
コーディングファクトリーで働く魅力でもあります。

  • Webサイト

    Webサイト

  • Webアプリ

    Webアプリ

  • システム画面

    システム画面

  • ゲーム機インターフェース

    ゲーム機
    インターフェース

  • デジタルサイネージ

    デジタル
    サイネージ

プロジェクトは、下の流れで
相談から進んでいきます。

  • 01

    相談

    営業担当 / 営業サポート

    ご相談をいただくプロジェクトは、営業担当のもとに届きます。
    お客様と打ち合わせをしながら、プロジェクトの概要を把握し、コーディングファクトリーの役割を明確にしていきます。そして、そのプロジェクトに合ったメンバーとのマッチングを行ない、営業サポートのメンバーと共に見積金額を算出します。
    営業担当は、相談をいただくところから、プロジェクト完了まで伴走するプロデューサー的役割でもあります。

    営業担当 / 営業サポート
  • 02

    ディレク
    ション

    ディレクター /
    テクニカルディレクター

    プロジェクトがスタートする時に中心を担うのが、ディレクターです。仕様確認や各種設計、スケジューリングや進行管理を担い、プロジェクトのコーディングパートのリーダーとなる存在です。仕様によって、テクニカルディレクターが参画して、設計を担当することもあります。
    コーディングファクトリーの特長の一つが、制作を熟知したコーダーやフロントエンドエンジニアが、ディレクターを兼務することも多いということです。
    専属 / 兼務ディレクターが、プロジェクトを引っ張っていきます。

    ディレクター / テクニカルディレクター
  • 03

    制作

    コーダー / フロントエンドエンジニア

    制作がスタートしたら中心を担うのが、コーダー / フロントエンドエンジニアです。コーディングファクトリーに届く様々なプロジェクトのコーディングを担当することになります。
    ディレクターを兼務している場合は、自身の設計に沿って制作を進めていきます。専属のディレクターが立っている時は、ディレクターと話し合いながら、制作を進めます。社内勉強会や自己学習はもちろん、プロジェクトを通じて、スキルアップをしていきます。

    コーダー / フロントエンドエンジニア
  • 04

    品質管理

    チェッカー

    コーダー / フロントエンドエンジニアが制作したページの品質管理を担当するのが、チェッカーです。
    クロスブラウザでの表示検証や、実装した機能の検証等、ページや機能単位での品質管理を行ないます。チェッカーからの指摘箇所をコーダーが調整しながら、納品クオリティに持っていきます。コーディングファクトリーの品質の番人といえる職種です。

    チェッカー

プロジェクト完了・納品

様々な役割のメンバーが、一つのプロジェクトを動かしていきます。
それぞれの職種がバトンタッチをして繋いでいくのではなく、並走型でプロジェクト完了まで進むのが特長です。

当社のウェブサイトは品質の維持・向上を目的としてCookieを使用しています。Cookieの利用にご同意頂ける場合は「同意する」をクリックして下さい。
Cookie利用の詳細について