お客様の声

コーディングファクトリーニュースの人気企画「レッツゴーサカモトくん」より、お客様のお声をご紹介

株式会社フルブライト 様

株式会社フルブライト 様

今回は、フルブライト様にお邪魔してきました。
突然の訪問にもかかわらず、快く迎えてくださった中島様、
ありがとうございました。

中島様
↑気さくな人柄の奥に、仕事にかける情熱が垣間見えました。

坂 本 -
御社の業務内容について、簡単にご説明ください。
中島様 -
ひとつはECサイトの構築とブランディング。もう一つは通常のサイト制作と、大きくはこの2本柱でやっています。特にECサイトに関しては、アパレル特化型ECサイト構築サービス「E.S.C」を展開しています。
坂 本 -
中島様の業務内容について、簡単にご説明ください。
中島様 -
主にアカウントディレクターをやっています。いいサービスを提供できるというのは、全体をイメージした上で仕事を進めていくこと。それから、その中にフルブライトのカラーをいれていく、ということを意識して仕事をしています。

坂本
↑ユーモア溢れる中島様のトークに、終始笑いが絶えませんでした。

坂 本 -
最初に案件をご発注頂くまでの経緯をお聞かせ下さい。
中島様 -
以前は、コーディングの部分をお願いできる会社がなくて困っていました。
きちんとしたフォーマットを作っていなかったり、1pxずらすと全体がずれてしまうようなコーディングをする会社さんだったり。
なかなか、定期的に利用できる会社さんを見つけられずにいました。
そんなときにサイトを見て、一度利用してみたい、と思ったのがきっかけです。
坂 本 -
弊社にいらしたときの印象はどうでしたか?
中島様 -
みなさんが、とても気さくに声をかけてくださって、コーディングファクトリーさんが意識している、「顔が見える会社」ということをすごく感じました。
また、アットホームな印象のメンバーとオフィスにも好感を持ちました。
全員が同じ志を持っているような空気も感じましたね。
坂 本 -
以前ご発注いただいた案件についてうかがわせてください。納品物に対してご満足いただけましたか。
中島様 -
納品物に関しては、自分の中で思い描いていた設計図と重なる部分が非常に多かったです。
だから納品してもらった後も、非常に扱いやすく、大変満足しています。
クライアント・フルブライト・モノサスの3社をつなげ、うまくかみ合わせて、一つの案件を成功へと導けた事が自分にとって大きな喜びでした。
坂 本 -
やりやすかったこと、やりにくかったことなどはりますか。
中島様 -
コーディングファクトリーさんは、弊社の案件に沿ったフォーマットを用意してくれるので、担当者が変わっても共通のルールが守られているという安心感があり、とてもやりやすいです。
坂 本 -
CFニュースを見ていかがでしたか。
中島様 -
コーディングメソドロジー、あれは面白いですね!
勉強させてもらってます。それから、コーディングニュースもそうですが、身近なクライアントとの共有点を積極的に求めてくれる、そういった姿勢がすばらしいですね!

インタビューを終えて
インタビューを終えて
↑フルブライトらしさ、とは、WEBサイトに楽しさをつめこむことだと、生き生きした表情で語る中島様から、ほとばしる情熱を感じました。

坂 本 -
CFニュース読者へ一言お願いします。
中島様 -

外注って使うもんだ、そういう印象があると思いますが、僕はそれは違うと考えています。

「自分たちがすべきところ以外の部分を補ってくれる存在。足りない部分をしっかりと支えてくれる存在。」そんな風に考えているんです。だから、簡単に使う使われるの関係では無く、「両社で共に創ってゆく!」という今の関係をこれからも続けてゆきたいですね。

今回お伺いした会社様

株式会社フルブライト

株式会社フルブライト

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷1-12-2

クロスオフィス渋谷402

TEL03-4530-9240

窓口 中島

フルブライトでは、創業時からアパレルブランド、メーカーのサイトを多く手がけており、WEB上でのブランディングの実現や、ECサイトのゼロからの構築、要求レベルの高いインタラクティブメディアの制作等、多くのノウハウを蓄積してきました。特にその中で重視する点は、デザインとシステムを切り分けて考えず、高水準での融合、連結を行い、一つのクリエイティブとしてユーザーの満足度を高めていかなければならないという事で、これは弊社制作スタッフ全員の信条にもなっています。

株式会社フルブライト
↑こうゆう場面はみんな苦手です。。。(笑)
お問い合わせは私、中島まで!

我々は、ユーザーが求める情報をいち早く確実に提供するため、ターゲットとなるユーザー分析から始まり、その趣味・思考・トレンドをセグメント毎にラベリングし、その後デザイン・UI、FLASHをはじめとしたインタラクティブメディアを駆使し、ユーザーとクライアント双方の求める目的を実現するWEBサイト制作を心がけています。

お問い合わせはこちらからどうぞ