スタッフ紹介

業界でも最大規模の体制を誇るコーディング専門チームです。

  • 奥山 秀野

    セールス部 部長
    奥山 秀野

    「女性営業ならではの気遣いを生かして」
    お客様が困った時に思い出してご連絡をいただき、仕事を任せていただいた時ほど嬉しいことはありません。お客様とのコンタクトを大切にして、いつも笑顔でご相談に応じられるように、コツコツ確実に信頼を積み重ねていきたいと思います。
    「とりあえずやってみよう」という気持ちで新しい事にもチャレンジしていきたいです。
  • 吉永 尚由

    アカウント
    吉永 尚由

    「関西Web業界盛り上げます!」
    2014年1月に開設しましたコーディングファクトリー大阪事務所。目的は関西Web業界をより盛り上げることです。コーディングはWebサイトの骨組みとなる大切な存在。その骨組み部分から、関西のこの業界がより元気に、より活発になれるようお手伝いしていきたいと思っております。
  • 原澤 翔伍

    アカウント
    原澤 翔伍

    「納得できるサービスを」
    営業にお邪魔した際にも、お電話でご相談頂いた時も「なるほどそれならコーディングファクトリーにお願いしよう!」と納得していただけるよう、親切・丁寧・スピーディーな対応を致します!是非一度ご連絡下さい。
    納得いくまでお話しして、お客様の満足に繋がればなによりです。
  • 香取 玲美

    アカウント
    香取 玲美

    「HAPPYなお客さまが増えますように…」
    営業担当は、制作でお困りのお客さまの「生」の声を、誰よりも早く聞かせていただく窓口です。できるだけ多くの皆さまのお役に立ちたい!との思いで、自分らしい笑顔の対応を心がけております。
    そして最後には、「ぜひまたコーディングファクトリーにお願いしたい!」という声が聞けるよう、コーダー&チェッカーと共に、お問合せをお待ちしております!
  • 児嶋 いずみ

    コーディングファクトリー 部長
    児嶋 いずみ

    「地味に地道にこつこつと。」
    運用を考慮した更新し易い構造設計、イレギュラに備えた拡張性の高い組み方、CMS等システムに載せやすい組み方、次のフルリニューアルまでの数年を見越しつつも後方互換へも配慮、デバイスでぶれない安定したjsの記述、無駄なサーバ負荷をかけない記述、解読しやすい記述など、速い・安いだけではなく、ニーズの先まで配慮に富んだ質の高い制作を日々心がけています。
  • 菅野 慎

    班長/コーダー
    菅野 慎

    「軽やかに」
    案件によってはおもわず「うっ!」となってしまうほど、難しい仕様をコーディングで実現しなければならないときがあります。
    そんなときでも涼しい顔してさらっとやってのけてしまう、華麗なる仕事ぶりを心掛けております。
    まだまだすごい顔になってしまうこともございますが、お客様に満足をお届けできるよう、日々精進して参ります。
  • 松原 恵

    班長/コーダー
    松原 恵

    「悩んだら、とりあえず声に出してみる。」
    普段から「言葉にして発信する」ことを意識して、仕事に取り組んでいます。
    単なる話し好きという理由もありますが、何か問題を抱えている時、それを声に出してみるだけで解決の糸口が見つかることはよくあります。また、そんな時に自分を支えてくれる仲間がまわりにいるので、安心して働くことができています。
  • 丸山 智之

    班長/コーダー
    丸山 智之

    「コーディングのファンタジスタを目指す」
    HTML5、WordPress、レスポンシブ…等、日々変化していくWeb。
    コーダーとして、これらの技術を余すところなく吸収し、様々な要望にも出来る限りお答えしたり、時には提案をしていければと思います。
    お客様を魅了するWebサイトコーディングが出来るように日々技術を向上させていきます。
  • 田中 夏海

    ディレクター/コーダー
    田中 夏海

    「ていねいな対話を大切に」
    「田中さんには、なんだか、なんでも話せるなあ」
    販売・接客業に携わっていたころ、お客様から頂いた、いちばんうれしかった言葉です。
    いつでも、お客様のお話をちゃんと聞くことを大切にし、出来うる限り応えられるよう精進してまいります。
  • 角南 大雅

    コーダー
    角南 大雅

    「進化出来る様に」
    日々、目まぐるしく変化するweb業界。
    技術の進歩が速く、少し前にスタンダードだった技術が時代遅れになることも珍しくありません。
    常にアンテナを張り続け、web業界と共に私自身も進化出来る様に心掛けて仕事に従事してまいります。
  • 小宮山 祐司

    コーダー
    小宮山 祐司

    「家でもつくる人」
    ずっとモノづくりをしています。
    自作の模型づくりや絵を描くのが好きで、机や棚などの家具も自分で作ったりします。
    コーディングでは、イメージ通りに作るのはもちろんのこと。
    お客様とユーザーの視点に立って、使いやすく柔軟性のあるコーディングを心がけています。
  • 金 東圭

    コーダー
    金 東圭

    「挑戦すること」
    IT業界は毎日激しく進化しています。
    次々に開発される新しい技術を全て身につけることは難しいかもしれませんが、
    業界の様々なニーズに対応できるよう、いろいろなことに挑戦し続けて、
    自分の世界をもっと広げていきたいです。
  • 大坂 皓平

    コーダー
    大坂 皓平

    「お互いの満足を求めて」
    自分が考える良いモノを作っても相手が納得しなければ意味がありません。
    いつも「本当にこれでお客様が喜ぶのか?」を考えながらモノを作っています。
    その為にも決して自己満足で終わらせず、常に技術力を磨き、ニーズに合うサービスを提供する事でお互いが満足を得られるWin-Winな関係を作っていきます。
  • 水口 光輝

    コーダー
    水口 光輝

    「クリエイティブ精神とは」
    業務に入る前に、何か学んでおくことはありますか?と聞きました。
    返ってきた応えは「大事なのはクリエイティブ精神かな」。
    CFのプロフェッショナルとして、私自身もその答えを追い求めたサービスをお客様にも提供できるよう精進してまいります。
  • 小嶋 一弘

    コーダー
    小嶋 一弘

    「安心をお届け」
    状況、状態、仕様などを認識する速さをあげることとして、
    まずは、何がわかってないのか、ここはどうなのかをまずは整理する。
    そうすると、「こういうことか」とわかることがあります。
    一つ一つ精査することが、クオリティ・生産性を上げることにつながると思うので、
    技術も磨きながら、お客様へ安心をお届けしていきたいです。
  • 畑峯 豪

    コーダー
    畑峯 豪

    「主体性をもって仕事しています。」
    コーダーの業務は頂いたデザインをもとに、コーディングを行ってWebサイトにすること。
    単純に頂いたデザインをそのままコーディングするだけではなく、
    コンテンツの内容や連携するシステム、言葉の整合性などを確認し、
    気になった箇所の報告や改善案を提案できるコーダーになれるよう心がけています。
  • 川村 哲平

    ディレクター
    川村 哲平

    「like a rolling stone」
    まったくもう。。。
    次から次へとめまぐるしく新しいコトを覚えていかなければならない職種ですね。ホント。
    おかげさまで退屈せず常に探究心を持ち続けてお仕事させていただいております。流行や技術はこれからもどんどん変化していきますが(イイ意味で)時代の流れに身を任せていきたいです。
  •     
  • 町山 百合香

    ディレクター
    町山 百合香

    「多次元の領域へ」
    あらゆるものが、平面的な2次元の世界から、より立体的な次元の世界へとどんどん近付いていく昨今。
    WEB業界もまた然り。それぞれの仕事の領域がより広がっていくことはおそらく必至で、突き詰められるところまでやってみたい。
    課された制約の中でベストパフォーマンスを発揮できるよう、知的探求心を忘れず精進してまいります。
  • 瀧塚 類

    ディレクター
    瀧塚 類

    「常に変化と向上を」
    情報の世界は目まぐるしく変化し、次々に新しいものが誕生しています。
    Web技術もまた然り、素晴らしい動きのサイトがどんどん増えていっています。
    それを「わーすごい」とただ見ているだけの人にはなりたくないと思うのです。
    どうなっているんだろう、どうやって動かしているんだろう。
    そんな探求心をもち、自身も常に吸収し変化していきたいと思っています。
  • 赤嶺 繭子

    ディレクター
    赤嶺 繭子

    「究極のジェネラリストを目指して」
    後工程と前工程を意識する。将来役立つ基盤づくりをする。ほんの少し先を想像しながらお仕事をすることでお客様の満足につながっていくと信じています。
    自分の手の届く範囲をしっかりと、Webという大多数のコミュニティーへ届けることができる可能性を最大限に引き出せればと思っています。
  • 村上 伊左夫

    チェックチーム リーダー
    村上 伊左夫

    「お客様とユーザー、2つの視点からチェック」
    ただ闇雲に細かいチェックを行うのではなく、お客様が意図されているデザインや動作を汲みとってのチェックと、使いにくくないか、不自然さを感じないかといったユーザーの目線からのチェックを心がけています。
    お客様と、公開後にサイトを訪問される方々にとって、良いウェブ体験の一助となれれば幸いです。
  • 川口 実

    サブリーダー/チェッカー
    川口 実

    「繊細なフィルターを持つ!」
    チェックのクオリティやスピードだけを意識するのではなく、クライアントの要望や制作者の意図を汲み取り、そのページで伝えたいことを理解した上でチェックにも反映できたらと考えております。お客様の元へ品質の高い確かなモノをお届けするお手伝いをさせていただければ幸いです。
  • 齊藤 あかね

    チェッカー
    齊藤 あかね

    「気になる事はすぐに解決」
    チェック中に確認したいと思った事は、すぐにコーダーやチーム内でも確認しきちんと解決できる風通しの良い職場環境です。制作に携わっている方達の意向や想い、これから目にするであろう多くの方達、どちらの方々にも納得し喜んでいただける様、最後の橋渡しをしている事を忘れずにチェックを行っていきます。
  • 舟山 香苗

    チェッカー
    舟山 香苗

    「私の視点も活かしたチェック」
    細かい点にも気付くチェッカーが揃う中、自分がこのサイトを開いたらこれは気になるという私の視点も大切にチェックします。チェックをしていると指摘箇所が出てきます。指摘は端的に、コーダーさんに伝わりやすいように。きれいに修正されて戻ってくるとうれしいですし感激します。
  • 田山 奈々恵

    チェッカー
    田山 奈々恵

    「心のこもったチェックを」
    ただチェックをするのではなく、「自分だったらどう思うか」といった視点も踏まえた、心のあるチェックに努めてまいります。
    お客様の気持ちを汲み取りながら、丁寧且つスピーディなチェックをし、チェックチームとして少しでもお手伝いができたらと思います。
  • 梶原 大督

    チェッカー
    梶原 大督

    「品質管理部として」
    「品質を管理している」ことを常に念頭に置き、主観のみならず客観の目を持ち、機械的にではなく人の目で「見る」「観る」「診る」「視る」ことを意識し、品質向上に務めます。また、創意工夫を試みながらスキルアップを図り、更なるステップアップを目指します。
  • 乾 椰湖

    チェッカー
    乾 椰湖

    「楽しみながら丁寧に」
    お客様が求めていることをしっかりと再現できているかという厳しい目で見ると同時に、ユーザー目線だとどう感じるのかを考えながら、一つ一つ丁寧にチェックをするように心がけています。サイトが公開される日をお客様と一緒に楽しみにしながらチェックをしたいです。
  • 後藤 春香

    チェッカー
    後藤 春香

    「よいものを求めて」
    「ユーザー目線で見る」「丁寧」「スピーディー」にといった3つを心掛けてチェックしております。
    多くのお客さまに「コーディングファクトリーに頼んでよかった」と喜んで頂けるよう、最後までチェッカーとしてお手伝いをさせていただけたらと思います。
  • 井出 真登

    チェッカー
    井出 真登

    「根気強さを活かして」
    チェックの作業は細かく、地味な作業が多いかもしれません。
    ですが、より高い品質を保持するためには必要不可欠な要素だと思っています。
    自分の長所でもある根気強さ、辛抱強さを活かして隅々までチェックし、より良いものを納品できるよう努めて参ります。
  • 龍田 祥拡

    マーケティング
    龍田 祥拡

    「売り手よし、買い手よし、世間よし」
    タイトルは、近江商人の有名な理念です。お客様にご満足いただき、社内のメンバーも物心両面で満たされる。これは当然のこととして、コーディングファクトリーは、"世間"をよくするための存在になりたいと思っています。
    我々にとっての世間とは、Web業界です。この業界が発展し、この業界で生きる人たちが幸せになるために、日々の業務に勤めていきます。
  • 宮川 拓也

    マネージャー
    宮川 拓也

    「Don't Worry, Be Happy.」
    自らの意思で選択し歩いてきたつもりでも、それは無数の人々の導きや支えと、運あってのもの。
    自分は生かされているのだと感じることで、自ずと視界が開けます。
    ならば少しでもお返しがしたい。スタッフのため。お客様のため。
    誰かの役に立っているか。世の中を善くしているか。願わくば誰よりも。
    働くとはそうゆうことなのだと、思ってみたり。
  • 柵山 久美子

    担当役員
    柵山 久美子

    「Going Concern.」
    コーディングファクトリーが在ることにより、業界が活性化し更に良くなるよう、強い想いをもって日々の業務に取り組んでいます。
    チャレンジなくして進歩なし!上手く行かない事も多々ありますが諦めずトライ。
    今後も歩みを止めないコーディングファクトリーをスタッフ共々どうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせはこちらからどうぞ