様々なコーディング手法

更新の頻度は?デザインにはどこまで忠実に?
サイトの目的によってコーディング手法は異なります。

様々なコーディング手法

デザインをどこまで再現するか

紙媒体と異なり、WEBサイトという特性上、100%デザインを再現するのはとても難しいことです。たとえばブラウザによってmargin(余白)の解釈は異なりますし、OSによって表示できるフォントが異なったり、文字サイズをユーザが変更した時に縦(高さ)が伸びたりします。極論をいうと、画像を多用し、すべてのテキストを固定することがデザインを100%再現する最良の手段かもしれません。


しかし、もちろんそれが正しい姿であるとは考えません。
コーディングファクトリーで、デザインを再現するのは、コーダーとして、お客様であるデザイナーとの共同作業であると考えています。たとえばデザインの詳細部分の意図が明確であり、更新頻度の少ないサイトであれば、なるべくピクセル単位でデザインが再現できるよう、テキストサイズの固定をしてでもデザインが崩れないほうを優先するし、更新が頻繁に発生したり、システムと連動して内容が変更されたりするようなサイトであれば、どんなテキストや画像が入っても崩れないことを優先したりしています。

コーダーのコメント

コーダーからのコメント(宮川 拓也)

デザインを完全に再現することが最良な箇所か、汎用性や更新のしやすさを重視すべきかは、お客様の意向やページの役割によって様々です。
コーディングの過程では、スライスの段階からそのデザインの意図を汲み取り、ブラウザやOS・フォントの違いによっての見た目の変化を考慮した上でより適切なマークアップを選択することが重要であると考えます。

お問い合わせはこちらからどうぞ