ブラウザ対策

度重なるブラウザのバージョンアップ。
最新・シェア減少ブラウザへの対応提案は、専門家の使命です。

標準対応ブラウザの決定方針

コーディングファクトリーでは、現在以下のブラウザに対して標準対応しています。

標準対応ブラウザ一覧(PC)
  • Windows 7 Google Chrome 最新

  • Windows 7 Internet Explorer 11

  • Windows 7 Firefoxe 最新

  • Windows 10 Edge

  • Macintosh Safari 10

有料対応ブラウザ一覧(PC)
  • Windows XP Internet Explorer 6,7,8

  • Windows XP Firefox 3.6,最新

  • Windows XP Google Chrome 最新

  • Windows 7 Internet Explorer 9

  • Windows 8 Explorer 10

  • Macintosh Firefox 3.6,最新

  • Macintosh Safari 6,7,8,9

  • Macintosh Google Chrome 最新

  • Macintosh Opera 最新

標準対応ブラウザ一覧(スマートフォン・タブレット)

■ スマートフォン ※4機種お選びください。

  • iPhone6S iOS9
  • iPhone7 iOS10
  • GalaxyS4 Android4.4
  • Xperia Z5 Android5.1
  • Xperia Z4 Android6.0
  • Xperia XZ Android7.0

■ タブレット

  • iPad(第5世代)iOS10
  • Xperia Z4 Tab Android5.0

その他の機種の保有もありますので、ご相談ください。

コーディングファクトリーでは、標準対応ブラウザは、「ブラウザリリース年」「ユーザシェア」「OS(Windows/Macintosh)」
「ブラウザのバージョンアップ方法(自動/手動)」等を定期的に検討の上、決定しています。


やみくもに標準対応ブラウザを増やすのは、工数が増大し、ひいてはお客様にスケジュールや費用の面でご負担をかけることにつながります。最終的には、サイトに応じた選択が必要ですが、そんな標準対応ブラウザのご提案も、コーディングの専門家である我々の使命の1つと考えています。

メニュー・価格表へ

クセのあるIE6にも完全対応 – こんなこともお任せください -

コーディングというのは、文法的に正しいことと、ブラウザに実際に表示された時に意図した通りに表示されることの両方を兼ね備えていなければなりません。これを両立させることは、なかなかの難問です。
特にInternet Explorer 6.xのような古いブラウザでは、いくら文法的に正確なソースコードを書いても、意図した通りに表示されないことは多々あります。代表的な例として、弊社の対策のいくつかをご紹介いたします。

透過PNG

最近の透明感のあるデザインでは、後ろが透けているような画像が使われることがあります。そんな時、透過PNGを使えば背景色や模様に左右されず自由に配置できるので、非常に便利な形式ですが、IE 6では、PNG画像の透明度指定に対応していないため、通常の方法では透過PNGを表示させることができません。かといって現在のIE 6のシェア率を見る限り、表示推奨ブラウザから外してしまうのも現実的ではありません。そんな過去ブラウザと最新デザインの狭間の悩みにも、解決方法があります。

Coding Methodorogy 第10回 透過PNG対策を見る

コーダーのコメント

コーダーからのコメント(上村 奈央)

ブラウザによって、それぞれいろいろなクセがあるため、文法が正しくても、正しく表示されるわけではないことが悩みの種です。どんな崩れ方をするのかで、ブラウザの開発思想の一環を想像してみたりもしています。いつか、コーダーとして、ブラウザ開発に対する参考意見を言ったり、ブラウザ開発のデバッグに携わったりできれば、コーダー冥利につきますね(笑)。

お問い合わせはこちらからどうぞ