コーディングメソドロジー

第66回 「TortoiseGit」のよく使うメニューと概要

Gitはファイルの変更履歴(バージョン)を管理するシステムの一つです。 変更履歴を記録するディレクトリを「リポジトリ」と呼び、そのリポジトリが単一ではなく複数用意できることから「分散型」バージョン管理システムとして注目されています。

Git

例えば複数人で1サイトのコーディングを行う場合、先ずは自分専用の「ローカルリポジトリ」に変更履歴を記録しながら作業をすすめます。 作業した内容を共有したいときは、プロジェクトメンバー共用の「リモートリポジトリ」に反映します。

Gitの操作はターミナル(コマンドプロンプト)にコマンドを入力して行いますが、GUIクライアントを利用することも可能です。 今回はその中から「TortoiseGit」(https://code.google.com/p/tortoisegit/)をピックアップし、よく使うメニューとその概要をご紹介します。

メニューと概要

01コミット画面

コミット画面

02ログ表示画面

ログ表示画面

追加
新規でファイルを制作したら、まずは「追加」でGitの管理下とします。
コミット
ファイルの変更履歴をローカルリポジトリに記録します。
全てのコミットはIDを持ち、いつでもコミット時の状態を復元することが可能です。「追加」していない新規ファイルはコミットの対象外です。
コミット時に管理下ではないファイルの一覧が表示されるので、ここでファイルを選択しコミット対象にすることも可能です。(01-②
また、コミットの際には必ず「メッセージ」を入力します。(01-①
メッセージルールはあらかじめプロジェクトメンバーで決めておくとよいでしょう。
プッシュ
コミットした内容をリモートリポジトリに反映します。
プル
リモートリポジトリから最新ファイルをローカルリポジトリに反映します。
ログを表示
コミットのログが表示されます。(02
コミット時の状態を復元するには、対象コミットをクリック→対象ファイルを右クリック→「このリビジョンに戻す」で、ファイルを復元することが可能です。(02-①
解決する
リモートリポジトリとローカルリポジトリで同一ファイルの同じ箇所を変更すると、ファイルの競合が発生します。
対象ファイルはプッシュできませんので、競合が発生したときはファイルを正しい内容に再編集し「解決する」を選択します。 変更をコミットすれば、またリモートリポジトリへのプッシュが可能になります。
  • 大規模サイト制作のご案内 大規模サイトプロジェクトのポイントやサービス内容をご紹介
  • レスポンシブWebデザインセミナーがDVDになりました。
  • コーディングメソドロジー
  • コーディングファクトリートピックス
  • 受注活動サポートサービス
  • コーディングファクトリーニュース
  • IllustratorでのWebデザイン
  • 求人案内
  • 株式会社モノサス
  • お問い合わせ

    コーディング相談ダイヤル

    お問い合わせ

  • ご相談、お問い合わせフォーム

    ご相談、お問い合わせフォーム