コーディングメソドロジー

第41回 Movable Type -マルチブログカスタマイズ-

Movable Typeで複数ブログを管理しているサイトで、ポータルとなるサイト全体のTopページに更新情報を表示させる場面が多数あります。今回は、オーソドックスなタイプである「記事単位」での更新情報の表示方法と、「ブログ単位」での更新情報の表示のさせ方をご紹介します。

「記事単位」で見せる

コード記述例

オーソドックスな更新情報表示方法

サイト内のブログ記事が全て更新日順に表示される形です。(構成イメージ図内[ TypeA ]参照)
記事のタイトルやサマリー(要約)なども一覧内に表示できるので、どのような記事がアップされたかが分かりやすいというメリットがあります。

※Movable Type 5では標準機能として実装されています。

「ブログ単位」で更新情報を表示させる

右記のコードをTOPページテンプレートに記述することにより、「ブログ単位」での更新情報を、より端的に表示させることが出来ます。(構成イメージ図内[ TypeB ]参照)

[コード解説]

[1]

ブログAの最終更新記事の日時を[blog01date]という変数に格納。
また、出力するhtml内容を[blog01]という変数に格納。

[2]

ブログBの最終更新記事の日時を[blog02date]という変数に格納。
また、出力するhtml内容を[blog02]という変数に格納。

[3]

ブログCの最終更新記事の日時を[blog03date]という変数に格納。
また、出力するhtml内容を[blog03]という変数に格納。

[4]

[1]~[3]で格納した変数を最終的なhtmlへの出力のためにハッシュ変数に格納。

[5]

[4]で格納したハッシュ変数を日付順でhtmlに出力。

より端的な「ブログ単位」での表示は、スマートフォンなど画面領域が狭いデバイスでの表示に適しており、PCでは「記事単位」での表示、スマートデバイスでは「ブログ単位」での表示、といった効果的な使い分けも可能になります。

構成イメージ図

  • 大規模サイト制作のご案内 大規模サイトプロジェクトのポイントやサービス内容をご紹介
  • レスポンシブWebデザインセミナーがDVDになりました。
  • コーディングメソドロジー
  • コーディングファクトリートピックス
  • 受注活動サポートサービス
  • コーディングファクトリーニュース
  • IllustratorでのWebデザイン
  • 求人案内
  • 株式会社モノサス
  • お問い合わせ

    コーディング相談ダイヤル

    お問い合わせ

  • ご相談、お問い合わせフォーム

    ご相談、お問い合わせフォーム