コーディングファクトリートピックス

Monosus(Thailand)Co.,Ltd.第3弾

Monosus(Thailand)Co.,Ltd.第3弾

3か月連続でお送りしてきたモノサスタイランド特集も今月が最終回。今回はモノサスタイランドの未来についてお話します。

驚きの連続、そしてうれしい誤算

タイで暮らしていると、様々なサービスにおける 日本との品質のギャップや根本的な考え方の違いに驚かされることが多々あります。
例えば飲食店では、客の数より多い店員が、食事中のテーブルの傍で掃き掃除を始める。タクシーでは乗り込む前にまずドライバーに行き先を伝えて了解をもらう交渉が必要。行き先によっては乗車拒否されることも日常茶飯事です。名刺を作れば色味が違い、銀行のATMですら紙幣を数え間違えるほどです。モノサスタイランドのオフィス移転に伴う内装工事においても、感覚のギャップを痛感しました。
しかし、タイで驚きを感じたのは何もネガティブな面ばかりではありませんでした。そもそも私たちがタイに拠点を求めたのは、海外でありながらストレスなく日本人が暮らせる環境や、在留邦人の多さを利点と考えた部分が大きくありました。言うなれば日本人のことばかり考えていたのです。ところが、現地で法人を構え、タイ人を雇用し、彼らと共に働いてみると、その優秀さに驚かされることになりました。
モノサスタイランドで働くタイ人スタッフは、皆少なからず日本に興味があり、外資系企業で日本人といっしょに働くということを理解したうえで入社しています。また、日本の品質基準や価値基準のもとで最新のWeb 技術を身につけたいという目的意識をもっています。
タイ国内で最難関の理系大学を出ているスタッフが多く、プログラミングの素養もさることながらその他の能力においてもポテンシャルは計り知れません。そんな優秀な彼らと共に働けていることを誇りに思うと同時に、彼らのスキルをさらに高め、キャリアアップしていけるような仕組みづくりをしていかなければならないと考えるようになりました。彼らとともに未来を切り拓いていきたい、彼らとならやっていける、と強く思えたこと はうれしい誤算でした。
弊社はタイでの法人設立においてBOIという政府機関の恩典を受け、奨励事業としてフロントエンドWeb 開発を行っています。そういった意味でも、タイへの技術展開や貢献が求められており、企業として担っていくべき責任は大きいと考えています。

コーディングファクトリーの制作拠点として

コーディングファクトリーの制作拠点として

今、モノサスタイランドは2016 年に向けてスタッフの増員を予定しています。より多くのお客様のニーズにお応えすべく、クオリティ面において更に日本品質を追求し、技術面では日本以上の価値を提供したいと考えています。
そのために、日本との技術共有や認識共有の場は定期的に設け、情報や人の交流が自然と生まれるような仕組みづくりを心掛けています。
タイ人スタッフは皆優秀ですが、お客様が日本の方々である限り、満足度の基準は日本人にしか分かりえない部分も多くあります。
タイで働く私たち日本人の存在意義はそんなところにあるのではないか。そう考え、本当の意味での日本品質を日々追求し、彼らに伝えていきたいと思います。

これからのモノサスタイランド

タイのインターネット業界は日本より10 年遅れていると言われたこともありましたが、今やスマートフォンの普及率は日本を上回り、日本とは異なる形での発展を続けています。モノサスタイランドは今後、そんなタイ市場においてコーディングファクトリーの事業を展開し、さらに広く世界へ向けたサービス展開も視野に入れて、受注領域の拡大を図っていきたいと考えています。
タイからコーディングファクトリーのJAPANクオリティを世界へ届けたい。夢は膨らみます。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • 大規模サイト制作のご案内 大規模サイトプロジェクトのポイントやサービス内容をご紹介
  • レスポンシブWebデザインセミナーがDVDになりました。
  • コーディングメソドロジー
  • コーディングファクトリートピックス
  • 受注活動サポートサービス
  • コーディングファクトリーニュース
  • IllustratorでのWebデザイン
  • 求人案内
  • 株式会社モノサス
  • お問い合わせ

    コーディング相談ダイヤル

    お問い合わせ

  • ご相談、お問い合わせフォーム

    ご相談、お問い合わせフォーム