コーディングファクトリートピックス

コーディングファクトリーのセミナー

コーディングファクトリーのセミナー

これまで、多くの方にコーディングファクトリーの
セミナーにご参加いただきました。
今回は、それを振り返ってみたいと思います。

コーディングファクトリーは、制作ノウハウを紹介するセミナーを定期的に開催しています。
今回は、その歴史を辿るところから始めてみたいと思います。

■2009年4月23日

■2009年4月23日

スタートは、2009年4月でした。
「コーディングノウハウ説明会&現場見学会」と題して、弊社オフィスの会議室で行ないました。
14名の方にお集まりいただき、案件を如何にスムーズに進めるかの話を100ページの案件を想定したケーススタディ的にお話させていただきました。
タイトルにもある通り、セミナー後には弊社のオフィス見学会を開いたり、昼食をご用意して一緒に食べたりと、とてもアットホームなセミナーになりました。

■2010年7月6日

■2010年7月6日

2回目のセミナーは、2010年7月です。
「コーディング段取術公開セミナー」と題して、TKP代々木という会場を借りて開催しました。
83名の方にお集まりいただき、コーディングの生産性を上げる実践的な方法について、紹介をさせていただきました。1回目から6倍もの規模になり、2回目にしてセミナーらしいセミナーになりました。

■2011年11月7日~2014年4月25日

■2011年11月7日~2014年4月25日

3回目は、2011年11月です。
「コーディングガイドライン公開セミナー」と題して、新宿NSビルで開催しました。

参加人数は、大幅に増えて283名もの方にお集まりいただきました。コーディングファクトリーのことをこのセミナーをキッカケに知ったという読者の方も多いのではないでしょうか?
内容はタイトルの通り、弊社のガイドラインを紹介して、なぜこのルールにしたかの理由を解説するというものでした。
参加頂いた方からも大変ご好評をいただき、2013年には、同タイトルのセミナーを雑誌WebDesigningさんと一緒に、東京・大阪・名古屋・福岡で開催した他、複数回に亘って開催してきました。セミナーへの総参加人数は1,043名、セミナー収録DVDの販売数が308本とコーディングファクトリーの名前や取り組みを広くWeb業界の方々に知っていただくキッカケとなったセミナーになりました。

■セミナーのコンセプト

我々が開催するセミナーには、一つの共通したコンセプトがあります。

それは「今、制作現場でスグに役立つ情報を発信をする」というものです。

Web業界には、様々なセミナーがあります。その中で、我々がこだわるのが、自分たちが実際に制作現場で実践していること・トライ&エラーの中で上手くいったことを紹介することです。
まだ、制作現場で実践することができない近未来のテーマや超最新技術を紹介するセミナーは開催しません。
制作現場に根差し、コーディングに真正面から取り組んでいるコーディングファクトリーしかできないセミナーこそが、参加していただく皆様の役に立つ情報になると思い、このコンセプトの基にセミナーを企画しています。

■お待たせしました!

そしてこの度、コーディングガイドライン以来の新テーマでのセミナーの開催が決定しました。
テーマは、レスポンシブWebデザインです。まだまだ制作現場での混乱が多いレスポンシブWebデザインの設計や実装について、コーダー目線で解説していきたいと思います。ディレクターやデザイナー等、上流工程に関わる方にもきっと役に立つはずです。
更に今回は、セミナー参加者限定特典も用意しました。セミナーの詳細については、別紙のご案内をご確認ください。今回も多くのお申込が予想されますので、早めにお申込ください。
皆様のお役に立つ内容になるように残り1ヵ月、しっかり準備をしていきたいと思っています。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • 大規模サイト制作のご案内 大規模サイトプロジェクトのポイントやサービス内容をご紹介
  • レスポンシブWebデザインセミナーがDVDになりました。
  • コーディングメソドロジー
  • コーディングファクトリートピックス
  • 受注活動サポートサービス
  • コーディングファクトリーニュース
  • IllustratorでのWebデザイン
  • 求人案内
  • 株式会社モノサス
  • お問い合わせ

    コーディング相談ダイヤル

    お問い合わせ

  • ご相談、お問い合わせフォーム

    ご相談、お問い合わせフォーム