コーディングファクトリートピックス

産業編集センター 南澤様と青木様

ひでの・エクスプレス ~ご訪問編~ (株)産業編集センター様にお話を伺いました。

コーディングファクトリーのサービススタート当初から
お世話になっている産業編集センター様。
担当の奥山秀野が同社ディレクターの南澤様と青木様に
お話を伺いました。

ー産業編集センター様は、コーディングサービスをスタートした頃からお付き合いをいただいていますが、最初はどういったキッカケでしたでしょうか?
これからコーディングに対する専門性が求められていくと判断し、制作会社を探したのが最初のキッカケでした。確か「コーディング」というキーワードで検索をして探したと思います。4年程前になると思いますが、当時はコーディング専門サービスを行なっている会社は珍しくて、コーディング専門という仕事が成立するか分からないような状況でしたが、品質を保ってスピーディーに制作をするためには、専門会社に協力を依頼するのがいいかもしれないと思い、相談にのってもらいました。
当時は、弊社のWebサイト制作の仕事が増え始めていた時期でもあり、今後大きな仕事を受注したり、件数を増やしていくためには、こういった会社とパートナーシップを持って制作していけるといいなという思いもありました。
ー専門会社とは言え、初めの発注前には不安に思われたこともあったのではないでしょうか?
そうですね。まずは、どうやって仕事を進めていけばいいかという不安がありました。その時に助かったのは、既に準備されていた「サイト仕様書」と「コーディングガイドライン」でした。これらは、場数をこなされた中で出来たものだと思うのですが、すごく使い易くて助かったのを覚えています。
その中で「不安」から「ワクワク感」に変わっていきました。専門会社が少なかった時代ですので、どんなクオリティのものを納品してくれるのかが楽しみでした。

産業編集センター 南澤様と青木様

普段の案件の打ち合わせでは聞けないお話を色々と聞かせていただきました。

ー何度もご発注をいただいていますが、何かお感じのことはありますが?
率直に申し上げますと、毎回クオリティが上がっているのを感じています。特にレギュレーションツールとチェックの機能に強く感じます。
レギュレーションツールは、先程も申し上げた「サイト仕様書」や「サイトマップ」等の仕事を引き継ぐ時のツールです。
多くの案件を制作している蓄積をツールという形でレベルアップされていることが手に取るように分かります。
発注する側としては、案件スタート時の対応が充実してきていることは、やりとりもしやすくなり、クオリティのバラツキもなくなるので、本当に助かります。
あと、チェックについても以前までは、納品後に数箇所修正をお願いすることもあったのですが、それがなくなっているのを実感しています。

産業編集センター 南澤様と青木様

真剣に質問にお答えくださった
青木様(写真左)と南澤様(写真右)

ー制作の中では、いかがでしょうか?
コーダーさんがマメに連絡をくれるのが助かっています。
「このデザインだとこんな問題点がでる可能性がある」
といった制作の中で気付いたことを連絡してくれるのが助かっています。やはり、発注側としては、やりとりがなくて、予期せぬものを納品されるのが一番困りますから。
そういったことがなく、コミュニケーションを重視してくれる点は、心強いです。なかなか最初の打ち合わせだけでは伝えきれないことも多々あります。その辺をくみ取ってくれるという点で社内のデザイナーからも「仕事がしやすい」とすごく評判です。

そして、何より感じるのは、コーディングファクトリーさんは、お客様の方を向いて仕事をしてくれるということです。そのお客様とは当然、弊社ではありません。弊社のお客様です。同じ目線で仕事をしてくれていると実感しています。
場合によっては、わがままをお願いせざるを得ない時があります。でも、それは私たちが好き勝手言っている訳ではなく、案件が進む中でどうしても仕方なくそうせざるを得ないからです。そこに理解をしてくれて「そんなのムリだ」と突っぱねるのではなく、弊社が置かれている立場を分かってくれて、難しい調整も一緒に考えてくれる姿勢に本当に助けられています。

お客様の方を一緒に向いて仕事をしてくれるコーディングファクトリーさんをパートナーとして本当に心強く思っています。

今回お伺いした会社様

株式会社産業編集センター

私たちは1980年の創立以来、社内広報媒体の企画・制作を通じてクライアントの「戦略理解促進」や「企業風土」の醸成に携わってきました。現在では、社内報制作で培った知識やノウハウを活かし、新たなコミュニケーション手法や戦略などを提案しています。紙媒体によるサービス「戦略社内報Ⓡ」やWebによるサービス「CorCosⓇ 」を開発し、さらにはWebと紙の連動を図ったクロスメディアツールなど、社内広報を中心とした新しいコミュニケーション手法をお客様に提供しています。その結果、数多くのお客様から信頼と支持をいただき、現在ではインナーコミュニケーションツールを軸に、約200社のクライアント様に、お取引いただいております。
産業編集センターは企業戦略実現のパートナーとして、新たなニーズに即したサービスを常に創造し、皆様に提供していきます。

  • 株式会社産業編集センター
  • 〒113-0021
  • 東京都文京区本駒込2丁目28番8号 文京グリーンコート 17階
  • TEL:03-5395-5311
  • FAX:03-5395-5320

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • 大規模サイト制作のご案内 大規模サイトプロジェクトのポイントやサービス内容をご紹介
  • レスポンシブWebデザインセミナーがDVDになりました。
  • コーディングメソドロジー
  • コーディングファクトリートピックス
  • 受注活動サポートサービス
  • コーディングファクトリーニュース
  • IllustratorでのWebデザイン
  • 求人案内
  • 株式会社モノサス
  • お問い合わせ

    コーディング相談ダイヤル

    お問い合わせ

  • ご相談、お問い合わせフォーム

    ご相談、お問い合わせフォーム