コーディングファクトリートピックス

チェックへの情熱

チェックへの情熱

今回は、いつもは裏から支えてくれる、
熱きチェックマン・チェックウーマンに密着!!
最後の砦、チェックにかける想いを語ってもらいました。

チェックへの情熱

まろチェックなる用語まで誕生させた、制作チェックマスターこと、村上(通称まろ)

普段、制作(コーディング)後のチェックについて、皆様どうされていますでしょうか。制作したデザイナー・コーダー自身によるチェック、コーダー同士のチェック、ディレクターによるチェック・・・など様々だと思います。
弊社でも3年前までは、コーダー自身に頼りきった体制で制作後のチェックを行っておりました。しかし、コーダーだけでは、どうしても、細かいミスや、情報の抜け漏れなどが度々発生し、そのチェック方法に限界を感じるようになっていました。
「このままではお客様に満足いただけるサービスとして成り立たない。コーディングを代行するのではなく、納品物の制作を代行するにはどうしたらよいか。」

コーディングファクトリー統括の永井を中心に、メンバー全員で考えました。

そして当時、全く異なった業務を行っていた部署に、すがる思いで協力を仰ぐことになりました。そして、コーディングの知識がゼロのメンバーと共に、ゼロからのリスタートとなりました。

チェックへの情熱

モニタとデザインを見比べながら、チェックシートに、修正事項を書き込んでいきます。

しかし、というか、やはり最初は、的のはずれたチェック内容や、コーディング用語が伝わらないコミュニケーションの問題など、新たな体制の構築は、想像以上に困難を要しました。それでも「ミスのない成果物をつくりあげるには、この方法しかない」と、諦めずに一つ一つ確認し合い、ゆっくりとですが、動き出し、現在の基盤ができていきました。

その当時のことを知っているメンバーは、次のように話してくれました。
「新しく立ち上がったサービス(コーディングファクトリー)に参加でき、皆で同じ仕事に関われる、というのがとても嬉しかったことを覚えています。
完全な素人だったので、分からない事はたくさんありましたが、丁寧に教えてくれましたし、ミスを見つけた箇所が、修正され、WEBに反映され、完成に近づくのを目の当たりにするのは今までにない経験でした。」

また、現在の中心メンバーの一人として、日々のチェックに目を光らせている村上にも、現在の仕事について、話を聞いてみました。

チェックへの情熱

修正の箇所がわかりにくい場合等には、直接指示をもらい、修正対応にあたります。

「私は、几帳面な性格からか、本当に重箱の隅をつつくような指摘をすることがあって、ときどき社内のコーダーから「きびしい!」と言われることもあります。ですが、常にお客様の視点を意識して、お客様にとって、なにが最良なのかを考えてチェックを行なっています。普段、表にでることは少ないので、社内の案件担当者から伝えてもらうことが多いのですが、お客様にご満足いただけたと聞くとやはり嬉しく、大変やりがいを感じます。

あまり細かいことばかりを気にしすぎると、サイト全体のことが見えなくなってしまうので、大事な箇所はどこなのか、ということを今まで以上に意識して、チェックの精度と効率を上げていきたいです。」

コーディングファクトリーのチェッカーはコーダーではありませんが、コーダーと違った目線から、制作物を100%に近づけるために存在しています。
メンバー全員が同じ気持ちをもって、努力を怠らず、更なる高みを目指し取り組んでまいります。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • 大規模サイト制作のご案内 大規模サイトプロジェクトのポイントやサービス内容をご紹介
  • レスポンシブWebデザインセミナーがDVDになりました。
  • コーディングメソドロジー
  • コーディングファクトリートピックス
  • 受注活動サポートサービス
  • コーディングファクトリーニュース
  • IllustratorでのWebデザイン
  • 求人案内
  • 株式会社モノサス
  • お問い合わせ

    コーディング相談ダイヤル

    お問い合わせ

  • ご相談、お問い合わせフォーム

    ご相談、お問い合わせフォーム