コーディングファクトリートピックス

写真:過去のコーダーミーティング

コーディング座談会

コーディングファクトリー(以下CF)のコーダー間で技術やトレンドの情報共有ができるようにと、2014年にスタートした「コーダーミーティング」。今年の5月から「コーディング座談会」として、少しバージョンアップした内容で開催しています。

コーダーミーティングの変遷

始めの頃は、持ち時間一人3分でWeb制作にまつわるトピックスを順番に発表していく「3分トピックス」がコーダーミーティングのメインでした。CFのコーダーは全員参加で、毎回活発な意見交換が行われていました。

コーダーが全員集まることは滅多にないので、それだけ貴重な時間だったわけですが、しばらくすると、その機会を利用してミーティング時に業務に関する連絡や相談が行われたりするようになりました。
さらにタイの日本人ディレクターも参加するようになり、コーダーミーティングは普段接することが少ないメンバーとの交流の場という役割も担うこととなったのです。

何かを決めるときにコーダー全員の意見をヒアリングすることや、メンバー間のコミュニケーションはどちらも重要で大切なことですが、コーダーミーティングの限られた時間内で全ての目的を果たすことが、徐々に難しくなってきました。

mono Tech.の始動

そんな中、”技術の話しかしない会”としてはじまったのが「mono Tech.」です。
毎回全員が発表者となるこれまでのコーダーミーティングとは異なり、主催者が事前にテーマとスピーカーを決め、当日はスピーカーが技術的な解説や事例紹介などを発表した後、参加者からの質疑応答~みんなで雑談~解散といった流れで行われています。
参加も自由で、ビール片手にお菓子をつまみながらリラックスした気分で楽しめる勉強会になっています。

mono Tech.が軌道に乗り、あらためてコーダーミーティングの今後の方向性が話し合われましたが、皆が納得できるような目的とゴールを定めることができず、一旦定期的な開催を止め、仕切り直しすることになりました。

コーディング座談会の意義

そして、1年3ヵ月ぶりに少しかたちを変えて戻ってきたのが「コーディング座談会」です。
mono Tech.では、シニアコーダーが発表者となり、自分の得意分野について発表することが多いので、主に技術者向けの内容となっていますが、技術者に限らず幅広く参加者を募り、興味のある人がラジオ感覚で聞けるような会を目指しています。

座談会を主催している エンジニア角南のコメント

モノサスでは、昨年から新メンバーが徐々に増え、賑やかになってきたのですが、コロナの影響でオンラインでしか話せず、なかなか直接顔を合わせることができません。
このような状況であらためて、コーダーミーティングのように全員で集まる機会があればと感じました。
また、様々な職種の人を対象とした技術面での情報共有の場が少ないことも気になっていました。
そういった状況を少しでも改善したいと思い、”仕事にまつわるコーディング”という大きなくくりで、ざっくばらんに語り合ったり、ただ話を聞いているだけでも何かしら得るものがあるような、そんな場があったらいいなと思い、企画・実施しています。

写真:コーディング座談会(キャプチャ)

既に5月と7月の2回オンラインで開催されていますが、自由参加でありながら参加率は非常に高く、参加メンバーの職種も、コーダー、ディレクター、デザイナー、品質管理、営業と様々です。
時間は2時間で、はじめは少し長いかなと思ったのですが、最初から最後まで集中して画面を見ている必要はなく、耳だけで聞いていても理解できるようなファシリテーションでまさにラジオ感覚。あっという間の2時間でした。

今後について

今後は、偶数月に「mono Tech.」、奇数月に「コーディング座談会」の開催を予定しています。また、当日参加できなかった人に向けて、アーカイブがいつでも聞けるようにPodcastのような配信形式も検討しています。

誰もが気軽にアウトプットできる場として、体験した事や勉強したことを発表して自身の成長の為に利用してほしい。様々なメンバーが参加する会で「自分はこんなことができる」という技術力アピールの場としても活用してほしいと考えています。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • 大規模サイト制作のご案内 大規模サイトプロジェクトのポイントやサービス内容をご紹介
  • コーディングメソドロジー
  • コーディングファクトリートピックス
  • 受注活動サポートサービス
  • コーディングファクトリーニュース
  • IllustratorでのWebデザイン
  • 求人案内
  • 株式会社モノサス
  • お問い合わせ

    コーディング相談ダイヤル

    お問い合わせ

  • ご相談、お問い合わせフォーム

    ご相談、お問い合わせフォーム