コーディングファクトリートピックス

制作実績から見る、Web制作の潮流

昨年の7月号で「できることマップ」というCFの対応領域の一覧表をご紹介しました。今回は、その中からCFがウォッチしている項目について、制作実績の集計結果を紹介します。

コーディングのアウトソーシングというポジションから、CFに依頼・相談がくる案件の特性は、Web制作の潮流を表していることが多いと感じています。そのため、案件の特性は日々注視しているのですが、昨年の4月から数字的にも把握をしようと集計を始めました。集計軸は、CFが重視をしている「Library/Framework」「担当工程」「CMS」の3種類です。
今回は、この3つの集計内容を紹介します。Web制作の流れを掴む一助にしていただければと思います。

Library/Framework

まず、Library/Frameworkです。実装の潮流を掴むうえで、重要な軸であると認識しています。
集計項目は、「Nuxt.js」「Vue.js」「Bootstrap」「React」「Angular」の5項目です。
以下がその結果となります。件数と()内は、全体に占める割合を示しています。ちなみに2020年4月~12月の9ヵ月間の制作実績の合計は、201件でした。()内の割合は、201件に占める割合です。

  • Nuxt.js…23件(11.4%)
  • Vue.js…3件(1.5%)
  • Bootstrap…1件(0.5%)
  • React…1件(0.5%)
  • Angular…0件(0%)

最も多いのが、Nuxt.jsでした。全体の10%を超える案件で対応をしました。
Nuxt.jsは、現在相談をいただいている案件でも多く含まれてきており、今後も増えていくだろうとみています。Nuxt.jsの理解を深める社内勉強会も企画しており、今後、力をいれていく領域になりそうです。

担当工程

CFの中心となる領域は、いわゆるコーディングと言われる「html / CSS / JSの実装」と「品質管理」になります。これを中心に据えながら、前後工程へと対応領域を広げていっています。担当工程では、「要件定義」「CMS設計」「API設計」「UI/UX設計」「その他設計」「CMS実装」「システム実装」の7つを見ていきます。案件によっては、「要件設計+CMS実装」のように複数工程を担当するものもありますが、ここでは、それぞれを1案件とカウントしています。

  • 要件定義…8件(3.9%)
  • CMS設計…10件(4.9%)
  • API設計…1件(0.5%)
  • UI/UX設計…0件(0%)
  • その他設計…8件(3.9%)
  • CMS実装…22件(10.9%)
  • システム実装…3件(1.5%)

CMSの実装は、CFがスタートした2008年から対応していることもあり、今でも最も対応数は多い状況であり、今後も引き続き、この傾向は続くだろうとみています。

近年、お客様からの期待も高く、CFとして力をいれていきたい領域が、コーディングの前工程である「要件定義」や「設計」領域です。
割合は、いずれも5%足らずですが、確実に対応件数は増えてきています。実装のように成果物が見えにくい領域ではありますが、Web制作において肝になる工程です。実装する力があるからこそ出せるクオリティがあると考えています。「一緒に設計から考えたい、任せたい」というご要望に応えられる案件数を増やすべく、スキルアップをしていきたいと考えています。

CMS

CMSはCFで設計・実装可能な「WordPress」「Movable Type」「PowerCMS」「headless CMS」「Strapi」の5つの対応状況です。

  • WordPress…19件(9.5%)
  • MovableType…12件(6.0%)
  • PowerCMS…0件(0%)
  • headless CMS…0件(0%)
  • Strapi…1件(0.5%)

CFで対応するCMSは、ハイエンドのシステムやスクラッチでの構築ではなく、この5つに対応していることもあり、WordPress とMovable Typeの2つが多くなります。
近年は、WordPressの方がやや多い傾向が続いています。最近は、Movable Typeのクラウド版の相談もポツポツといただくようになってきています。

最後に

今後も「Web制作時流」「お客様の声」「CFの得意なこと」「メンバーがやりたいこと」をキャッチし、総合的に判断しながら、対応領域を見直していきたいと考えています。また、対応できることを皆さんにお伝えすることも大切だと思っています。
昨年のCFニュースで「できることマップ*」という名前の対応領域表をご紹介しましたが、見直しがはいった場合は、皆さんにお伝えできるようにしたいと考えています。

最後に、今年の抱負を紹介したいと思います。
今年は「仕事が仕事を生む」というスローガンを立てました。昨年から、働き方や暮らし方が大きく変わり、今後もまだまだ見通せない状況です。
この変化の時代において、変わっていく働き方や暮らし方をあれこれ考えるだけではなく、自分たちがする仕事そのものにフォーカスを当てたいと考えています。
「自分たちがした仕事が、次の仕事につながっていく」「自分たちのだしたクオリティが、新たな仕事を生む」という事実に向き合う1年にしたいと思っています。

*現在の「できることマップ」はこちらをご覧ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • 大規模サイト制作のご案内 大規模サイトプロジェクトのポイントやサービス内容をご紹介
  • コーディングメソドロジー
  • コーディングファクトリートピックス
  • 受注活動サポートサービス
  • コーディングファクトリーニュース
  • IllustratorでのWebデザイン
  • 求人案内
  • 株式会社モノサス
  • お問い合わせ

    コーディング相談ダイヤル

    お問い合わせ

  • ご相談、お問い合わせフォーム

    ご相談、お問い合わせフォーム