コーディングファクトリートピックス

採用活動

採用活動

新しい風を起こすべく、採用活動を行なっています。
“コーディングファクトリー進化中”です。

採用活動

副社長の永井から、コーディングファクトリーへの熱い想いが語られました。

先月号の編集後記にも書かせていただきましたが、10月中旬よりコーダー職の採用を行ないました。

募集枠は1名から多くとも3名。どのくらい応募がくるのか、という心配を余所に、掲載開始と同時に伸びるアクセス数と応募メールの数々。
掲載から7日目には応募者が150名となり、最終的には200名を超えていました。予定より早く締め切りとさせていただくほどの大反響で、関係者一同うれしい悲鳴となりました。

今回は、できるだけ多くの方と接する機会を持ちたいと考え、初めて説明会形式をとらせていただきました。
毎回10名前後の参加者に、会社説明や会社が求める人材についてお話させていただき、その後集団形式で一次面接という流れで、計14回、開催いたしました。

説明会では「先輩社員の声」として、入社2年目の中川、黄、須郷が、普段の業務内容や経験談、モノサスについてのありのままを語りました。
多くの人と接したり、人前で話すことが少ない彼らにとっては、大変に緊張したであろう大仕事でしたが、「新しく人を迎える」ということが、会社はもちろん応募くださった方々にとって、どんなに重要な事か、肌で感じる良い機会になったと思います。この説明会を通して、自分の中に新たな発見も多くあったことでしょう。

採用活動

説明会で挨拶をする私坂本。
伝える側も真剣に臨んでいます。

今回の採用にあたり、弊社が求める人材の基準は3つです。

  1. 1.職業=コーダーに誇りを持てる人
  2. 2.約束を守れる人
  3. 3.仲間を思いやれる人

説明会では、この中でも特に、職業=コーダーに誇りを持てる人、というところに重きを置いてご説明させていただきました。皆様は、「コーダー」という響きにどのような印象をお持ちでしょうか。「デザイナー」、「プランナー」といった華やかなイメージはないかもしれません。

採用活動

対応に追われる弊社柵山。応募いただいた200人の方へ、説明会のご案内。

しかし、Web制作のベースとなるのはコーディングです。
コーディングに、そして、コーダーであることに誇りを持てる人でないと、コーディングは勤まりません。
コーディングファクトリーでは、メンバー一人一人が、自分のコーディングに誇りをもって仕事をしています。
これから一緒に働く仲間にも、それを共有してもらいたい、という想いが強くありました。

不況だから、というのもあるのかもしれませんが、採用サイトの募集要項から伝わるメッセージや、リニューアルしたモノサスのサイトから、会社の雰囲気が伝わり、そこになにかを感じて弊社にご応募いただけたのであれば、なによりの幸せです。

今後も、お客様共々、Web業界の発展を担ってゆければと思っております。

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • 大規模サイト制作のご案内 大規模サイトプロジェクトのポイントやサービス内容をご紹介
  • レスポンシブWebデザインセミナーがDVDになりました。
  • コーディングメソドロジー
  • コーディングファクトリートピックス
  • 受注活動サポートサービス
  • コーディングファクトリーニュース
  • IllustratorでのWebデザイン
  • 求人案内
  • 株式会社モノサス
  • お問い合わせ

    コーディング相談ダイヤル

    お問い合わせ

  • ご相談、お問い合わせフォーム

    ご相談、お問い合わせフォーム