コーディングファクトリートピックス

お客様とも「案件振り返り会」を。

お客様とも「案件振り返り会」を。

コーディングファクトリー(以下:CF)では、案件終了後に、ご発注いただいた会社様とも「振り返り会」を実施しています。先月号に引き続き、案件振り返りについて、紹介します。

前号で、社内で「案件振り返り会」を実施しているという話をさせていただきました。
上手くいったことは成功パターンとして、課題があったものは解決の芽として、今後に活かしていくために納品後に社内のメンバーが集まり、共有するために実施しています。
実は、この振り返り会は社内メンバーだけの実施にとどまりません。ご発注いただいた会社様とも実施することがあります。
今回は、CFの取り組みの中でも特に大切にしている「お客様との振り返り会」についてお話したいと思います。

CFが目指している姿

まず、大前提としてCFが目指している姿というものがあります。CFはリソースや技術面で困った時の「駆け込み寺的な存在」というだけではなく、「長く、いい仕事を、一緒にしていくパートナー」になることを目指しています。
Web制作におけるコーディングの役割や、制作の進め方は、時代の流れに沿う形で大きく変化しています。レスポンシブWebデザイン、バックエンドとフロントエンドのシームレス化、言語の多様化等、要因は様々です。また、各社によって、制作の進め方や考え方に特徴があります。その中で、CFで取り組み始めたのが「お客様との案件振り返り会」でした。

案件振り返り会とは

お客様側の参加メンバーは、案件に参画したPM、ディレクター、デザイナー、システム担当者等々、案件によって様々です。CFからは、コーダー、チェッカー、アカウントが参加することが多いです。

議題は、前号で紹介した社内振り返り会と同じく、「よかったこと = 今後も続けること」「問題点・課題 = やめる・改善すること」「次にためすこと」を実例ベースで振り返っていきます。
自分自身の話、自分の担当パートの話だけではなく、「案件全体にとって、どうか?」という観点も大切に話を進めています。

物理的な制約から、全案件での実施が難しいため、期間が長い案件・ページボリュームが多い案件・仕様が複雑な案件等、「この案件の振り返りをしたら、次に繋がりそうだな~」と感じる案件で、お声がけをさせていただいています。

昨今のWeb制作の現場をみると、様々なパート・工程がある中、どこか特定のパートだけの問題でプロジェクトがうまく進まない、ということは少ないように感じます。逆に言うと、特定のパートだけの問題であれば、サッサとその問題を片付ければいいし、片付きます。一つの課題を見た時に、様々なパートが複合的に関わることが、今のWeb制作の難しさでもあり、Webという媒体で表現・実現できることの幅が広がっているということでもあると思います。

実感すること

お客様との振り返り会でまず感じるのは、「Web業界って、本当に有り難い業界だな~」ということです。
先程、CFが目指している姿を「長く、いい仕事を、一緒にしていくパートナーになること」と書きました。しかし、我々が言うまでもなく、この業界には「会社の垣根なく、長くいい仕事をしていこう」という発想の方が、すごく多いのです。
この考え方を共有できずに振り返り会をやってしまうと、パートナー関係ではなく、顧客対ベンダーという対峙する関係になってしまいます。そして、自分たちの立場を守る話や優位性を示す場になってしまいます。これでは、本当の意味での振り返りにならないし、長くいい仕事をしていく関係になりません。
「一緒にいい仕事をしていこう」という発想が醸成されているWeb業界は、本当にいい業界だと感じます。

次に感じるのは、CFの役割の質と幅が広がっているということです。
前述の通り、Web制作現場は日々変わります。その中で、多くの案件を担当してきたCFの見解を聞いていただく機会が増えています。特に、「実現性を支える技術」「品質を担保する安定したプロジェクト進行」「効率的な制作の進め方」といったテーマが多いようです。

CFの2018年の納品案件数は、約300案件でした。一般的な事業ドメインのWeb制作会社では難しい量ではないかと思います。多くの案件のコーディングを担当しているからこそ、お伝えできることもあると感じます。
パートナー関係になるためには、自分達がパートナーたる力をつけることが、まず必要だと考えています。まだまだ力不足を感じることも多いですが、自分達ができることの質や幅が広がっていることを、振り返り会を通して実感しています。

最後に

生産性アップは、企業活動をするうえで、すごく大切なことです。一般的に、生産性アップとは、「かける時間に対してのパフォーマンス量を増やしていくこと」とされています。そのために、ムダを省く効率化という流れになります。
効率化が大切なのは論を待ちませんが、最近思うのは、違う側面からも生産性アップができるのではないかということ。
それは、「1つの行動に、2つ以上の意味を持たせる」ということです。
例えばCFの場合、依頼いただいた案件の制作を納期までに完了させるという行動自体が、1つ目の意味。その行動に対して、2つ目3つ目の意味をつけられるかどうか。それを意識し、実現していくために案件を振り返る場をつくることは、効果的だと感じています。

先月今月と2号にわたり「案件振り返り会」について紹介させていただきました。
今後も、お客様との振り返り会を実施していきたいと思っています。
皆さんの会社でも、複数パートのメンバーが集まって、振り返りをしていただければと思います。きっと、楽しい場になりますので。

(マーケティング&セールス部 部長 龍田祥拡)

お問い合わせはこちらからどうぞ

  • 大規模サイト制作のご案内 大規模サイトプロジェクトのポイントやサービス内容をご紹介
  • コーディングメソドロジー
  • コーディングファクトリートピックス
  • 受注活動サポートサービス
  • コーディングファクトリーニュース
  • IllustratorでのWebデザイン
  • 求人案内
  • 株式会社モノサス
  • お問い合わせ

    コーディング相談ダイヤル

    お問い合わせ

  • ご相談、お問い合わせフォーム

    ご相談、お問い合わせフォーム